デュエルエクスマキナONE、最強デッキ、徹底攻略。

デッキ

【レシピあり】NextLevel コントロールルクソール

投稿日:

ここ最近、僕がずっと調整しているルクソールコントロールをご紹介させて頂きます。

デッキについて

コントロールルクソールというアーキタイプの特性上、どうしても勝つのに時間がかかってしまいます。

特にミラーマッチはお互いにデッキ切れまでいくことも多々あります。

しかし、僕のレシピの場合は《離魂術師 サナム》を2枚採用しているので、中盤からアグロプランを取ることができます。

対ミラーマッチについては後述します。

採用しているカードについて

《魔蝸牛 デーモンスネイル》

みんな大好きかたつむり。キープ基準その1。アグロ、ミッドレンジ系のデッキに対して強いです。

 

《メンネフェルの踊り子》

キープ基準その2。破壊時にスペルを1枚ドローできます。序盤の重要な壁です。

 

《ウアス杖の裁き》

序盤は除去、中盤以降はかゆいところに手の届くカードです。

 

《聖鳥 シームルグ》

アグロ、ミッドレンジ系のデッキに対して序盤の鍵となるカード。最初は2枚採用していました。

 

《ピラミッドの瘴気》

説明不要の単体除去。高タフネスのユニットのスタッツを下げて、《セクメトの殺戮》でまとめて流したりすることもあります。

 

《ミイラの没薬》

たった3マナでなんでも2/1のミイラに変えてしまう汎用性のある単体除去。2枚は少し多いかなと思っているので今は1枚採用しています。

 

《彷徨えるゴーレム》

説明不要の4マナ4/4ユニット。どのマッチアップに対しても強いカードです。

 

《レシェフの疫病》

アグロ相手には大体初手でキープします。いつ使ってもだいたい仕事をします。

 

《離魂術師 サナム》

従来のルクソールコントロールには採用されていないカードですが、僕は2枚採用しています。

元々コントロールルクソールというのは5マナのカードが《ウアジェトの猛毒》くらいしか入ってなく、5ターン目のアクションが弱いアーキタイプでした。しかし、このカードを採用したことでそれも解決し、アグロプランを取ることもできるようになりました。採用しない理由がありませんでした。

 

《ウアジェトの猛毒》

今はまだ2枚採用していますが、最近は1枚でもいいんじゃないかと思ってます。これを1枚にするなら《ミイラの没薬》を2枚採用します。

 

《冥獣 アメミット》

説明不要のフィニッシャーその1。この能力を持っていて、タフネスが6っていうのは今でもおかしいと思ってます。

 

《暗黒蛇 アペプ》

お試し枠その1。強いタイミングはありますが、必須ではありません。今は1枚採用していますが、これを採用しないなら《聖鳥 シームルグ》2枚目を採用します。

 

《セクメトの殺戮》

ルクソールコントロールと言えばこのカードですね。問答無用で2枚採用です。

 

《ホルスの封臓》

《レシェフの疫病》とのコンボで9点ダメージを与えられます。少しオーバーキル感は感じていますが、ミラーマッチでは1枚は引きたいカードです。

僕のレシピの場合はミラーマッチでもアグロプランを取りやすいので、序盤中盤でしっかり相手のライフを削って《セクメトの殺戮》を打たれる前に相手の場に3体出してあげましょう。

 

《葬送神 アヌビス》

説明不要のフィニッシャーその2。ミラーマッチではこのカードに除去を使わせて、《冥獣 アメミット》を守りましょう。

 

《外科医 ベリザリオ》

ミラーマッチ膠着時において最も強力なカードです。2枚は引きたくないので1枚のみ採用しています。採用するかしないかで世界が変わります。

 

《ファラオマスクの呪い》

アグロやミッドレンジ系には強いカードではありませんが、ミラーマッチにおいてはフィニッシャーになります。

 

《大気神 アメン》

今更説明不要ですね。ルクソールコントロールと言えば《セクメトの殺戮》と《大気神 アメン》です。最強です。

 

マリガンについて

対アグロ、対ミッドレンジ系のデッキについてはほぼ同じで《魔蝸牛 デーモンスネイル》や《メンネフェルの踊り手》、《聖鳥 シームルグ》《ピラミッドの瘴気》をキープします。対アグロでは《レシェフの疫病》もキープします。

ミラーマッチでは《魔蝸牛 デーモンスネイル》、《彷徨えるゴーレム》、《魂離術師 サナム》、《外科医 ベリザリオ》をキープします。

ミラーマッチについて

ルクソールコントロールのミラーマッチは、このゲームにおいて最もプレイング技術の差が顕著に出るマッチだと思っています。

ミッドレンジオリンポスのミラーマッチでもプレイングの差は出ますし、それが勝敗を左右しますが、ルクソールコントロールミラーではさらに差が出ます。

基本的なセオリーを知っているかどうかで全く違うゲーム運びになりますので、以下のセオリーは必ず覚えましょう。

・カードを引いてはいけない

・お互いのデッキ枚数を常に確認し、意識する

・《メンネフェルの踊り子》はマリガンする、最後までプレイしない

・相手が使った除去、フィニッシャーの枚数をカウントする

・《大気神 アメン》を適当にプレイしない

・相手のデッキ切れを早くする(カードを引かせる)

 

カードを引いてはいけないというのは、ミラーマッチではデッキの枚数差がそのまま勝敗に関わるからです。相手より1枚多かったから勝ったなんていうのは日常茶飯事。意識しましょう。

お互いのデッキ枚数を常に確認し、意識するというのも前述した通りです。デッキ枚数差が重要です。

《メンネフェルの踊り子》はマリガンする、最後までプレイしないというのもデッキ枚数差に関わってくるからです。除去されてカードを引かされます。

相手が使った除去、フィニッシャーの枚数をカウントしましょう。メモを取るのもいいと思いますが、極力覚えるようにしましょう。

《大気神 アメン》は適当にプレイしてはいけません。重要なライフ回復手段です。

セオリーを知らない相手は《メンネフェルの踊り子》や《大蜘蛛 アナンシ》をプレイしてきます。除去してカードを引かせてあげましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

僕が《離魂術師 サナム》が大好きだからといって適当に採用しているわけではありません。どのデッキ相手に対しても強いタイミングがあるからです。

このレシピは今も調整中のものであり、完成していません。ルクソールコントロールをよく使われている方はご自身で調整してみてください。

それではまた!

-デッキ
-, ,

関連記事

Sランク 10連勝 兄人 ミッドレンジトリニティ

Sランクにて兄人選手が10連勝を達成したミッドレンジトリニティを紹介します。今までのマナ加速を重ねて大型ミニオンを連打するランプトリニティとは違い、マナカーブに沿ってミニオンをプレイしていくミッドレン …

Sランク 120位到達 JubileE ランプトリニティ

JubileE選手が使用してSランク120位に到達したランプトリニティデッキを紹介します。環境初期に圧倒的な速度でランク戦を駆け上がりました。 ランプトリニティ デッキの特徴 5マナに、《ヴェネツィア …

Sランク勝率9割 20連勝中 ジン ミッドレンジオリンポス

みなさん、こんばんは!ジンです。 今回は、僕がSランクのランクマッチで勝率9割継続中のミッドレンジオリンポスを紹介します。 ランクマッチ直近50戦で45勝5敗、勝率は9割。20連勝中です。 デッキにつ …

Sランク 120位 JubileE コントロールルクソール

JubileE選手が使用してSランクで10連勝を達成したコントロールルクソールを紹介します。 コントロールルクソール デッキの特徴 砂フィールドを利用するタイプのルクソールコントロールで、ミラーマッチ …

Sランク ルーズ ルクソールコントロール徹底解説

Sランクを達成したlose選手のルクソールコントロール、その考え方について本人監修のもと、徹底解説します。特に、ルクソールコントロールミラーマッチについての考え方は必見です! 参考デッキレシピ (あく …

オリンポス
ルクソール
アスガルド
イズモ  
トリニティ