デュエルエクスマキナONE、最強デッキ、徹底攻略。

デッキ

Gelアグロイズモ(スサノオ)

投稿日:

今回はスサノオ型のアグロイズモを紹介します

デッキリスト

構築理念

僕が今回スサノオ型のアグロイズモを構築するにあたって目指したデッキは環境上位のデッキ、所謂tier1と呼ばれる存在に不利をつけず、それ以下のtierのデッキに大幅有利をつける事が出来るデッキです。

今現在の環境はミッドレンジオリンポスが勢力的、かつほかのクラスに対して高い勝率を誇り、tier1に位置しています。 その為元々トリニティやアスガルドには大幅有利だったアグロイズモを環境に合わせtier1にも対抗出来るようにチューンすれば安定した勝率が得られるのでは? と考え構築したデッキがこのスサノオ型のアグロイズモになります。

ただオリンポスに勝ちたいのであれば コントロールアスガルドを使えばいいのではないか?という意見もあると思います。 しかし現状のコロシアムは勝率重視というよりも回数重視なため回転率が高いデッキのほうが圧倒的に効率が良いです。 例を挙げると(面倒な人は結論までスクロール推奨)

例えば仮に”勝率8割で一試合当たり10分かかるデッキA”、”勝率7割で一試合当たり5分かかるデッキB”があったとします。 双方のデッキを分かりやすいように100分回したとして得られる星期待値は連勝ボーナスを加味し Wをwin、Lをloseとして

Aの場合最大値がWWWWWWWWLLの星13, 最小値がWLWLWWWWWWの星11,よって100分で約11-13の星を得ることができます。

対してBは最大値がWWWWWWWWWWWWWWLLLLLLの星21,最小値がWLWLWLWLWLWLWWWWWWWWWWWWの星15,よって100分でばらつきは大きいですが約15-21の星を得ることができます。

つまり 現状のコロシアムでは勝率は多少落ちたとしても回数をこなせるデッキの方が効率がいいという事です。

今回は例が極端なため必ずしも現実はこうではありませんが、結論を言ってしまうと

「現在のデュエルエクスマキナで本気でランクを上げたいならアグロデッキが最も効率的」

ということになります (これはあくまでも僕個人の意見です)

ガーディアンについて

そして僕が注目している点はスサノオのガーディアンパワーです。

この能力は自分にもダメージが入るデメリットはありますが盤面を媒介とせず直接リーダーに打点を与えることのできるハデスとスサノオのみが持つ貴重なガーディアンパワーです。

この能力によって何がどう改善されるか、というとコントロールルクソールを含むその他コントロールデッキとのマッチアップになります。 ツクヨミ型アグロイズモの課題であった盤面以外からの打点を2マナで、余裕があれば毎ターン生み出すことが可能です。

コントロールルクソールは≪大気神 アメン≫以外の回復手段があまり強力ではない為、9t目以前にガーディアンパワーと攻撃的なユニットで十分削りきれます。

スサノオのガーディアンパワーは前述したとおり強力です。しかし当然デメリット、負うリスクも大きいです。

その為アグロデッキ対面の場合、盤面を取れていてかつライフに余裕がある場合、もしくはリーサルが見えている場合以外は基本的にガーディアンパワーを使うことをお勧めしません。 それは何故かというと至ってシンプルで相手に逆転の可能性を与えるとともに自分の逆転の可能性を奪うことになるからです。

下手にライフを減らしすぎると火力をすべてガーディアンにぶつけて押し切るプランを取られたり、相手のユニットの攻撃をライフで受けて次のターンに除去といった動きができなくなってしまうこともあり得ます。 その為マナが余ったら絶対にガーディアンパワーを使うのではなくしっかり考えて使う様にしましょう。

デッキの特徴

このデッキは通常コロシアムではあまり見かけないカードを採用しています。

≪僧兵 荒法師≫

このカードの枠は元々≪忍者 乱波≫でした。なぜこのカードを採用したかというとオリンポス(ハデス)に対してヘルス1がガーディアンパワーで除去されてしまうので非常に貧弱だった為です。 それに現状1点を絶対に与えたい、という場面が少なかった事もあり 2/2/2のこのカードを採用しました

 

≪山岳神 コノハナサクヤ≫

このカードは3/2/3の基準ステータスを持ち更に山岳上では3/4/3隠密となり破格の性能を誇ります。  3t目に山岳上への配置が難しいのがネックですが素出ししても十分強いので腐る事はありません。ルクソール、アスガルドには出来るだけ山岳上に配置するようにしましょう。

 

≪商工ギルドの鍛冶屋≫

このデッキは基本的に後列両端にユニットを配置していく為、有効に効果を発動させる事が出来、1マナ、2マナ≪商工ギルドの鍛冶屋≫の動きが決まった時の火力は目を見張るものがあります。  そして最近はアスガルドの増加により3/2/3ステータスのユニットが増えた為2t目の2/2を強化することで効率の良いトレードが可能で環境に適したカードであると言えます。

 

≪八頭蛇 ヤマタノオロチ≫

はっきり言ってこのカードは自由枠です。 ルクソールに対して強力なので一枚だけ採用していますが 好みで≪天羽々斬の一閃≫、≪八咫烏の急報≫等に変えてしまって問題ありません。

デッキ相性

対オリンポス  6-4

マナカーブ通りに動いて軽い除去を要所で使えれば問題なく勝てるマッチアップです。 しかし似たようなデッキ構成のためミラーマッチのような感覚で最も気が抜けない相手でもあります。 オリンポスに対しては≪鬼切の誘引≫を打ちたい相手が≪彷徨えるゴーレム≫くらいなのでマナが余った場合2マナ以上のユニットにはガンガン使って問題ないと思います。

そして≪暴風神 スサノオ≫が非常に刺さる相手のため5t目にわざと自軍側を1列だけ開けておき、相手がその空いた1列に配置することを誘うプレイングが有効です。≪ゼウスの降雷≫のケアと速攻ユニットを止めるためにできるだけ後列横にユニットを配置しましょう。

 

 

 

対ルクソール       6ー4

やはり最も脅威になるのが≪大気神 アメン≫の存在です。9tまでうまく粘られてアメンを出されると低コストのカードを多く採用しているデッキの都合上、以降の攻めが続かず厳しい試合も多いです。 その為≪セクメトの殺戮≫をケアする為必要以上に展開しすぎずガーディアンパワーをうまく使い9t以前での勝利を目指しましょう。

そしてこのマッチアップでは山岳上にいる≪山岳神 コノハナサクヤ≫が非常に強力です。3/4/3というステータスかつ隠密を持っているためルクソールの軽量スペル、ガーディアンパワーの対象になりません。その為ユニットを除くと≪セクメトの殺戮≫、≪ホルスの威光≫以外で除去できないので非常に強力です。 積極的に早いターンでの着地を目指しましょう。

 

 

対アスガルド      7ー3

最も警戒すべきカードは≪バルドルの閃光≫、≪グングニルの穿通≫です。イズモの特性として低スタッツのユニットが多く、必要以上に並べすぎるとたった3マナで盤面を空にさせられる危険性を秘めています。その為場合に合わせて出せるユニットを温存する等の工夫をしましょう。

最近は≪外科医べリザリオ≫の採用も増え低コストのユニットを無視し続けていると一気に逆転される可能性もあるため十分注意しましょう。

 

 

 

対トリニティ  8-2

トリニティは基本的に後列に並んだ複数ユニットを除去する事が出来ないので、他のアグロイズモと同様序盤からユニットを並べていき、高コストのユニットを≪鬼切の誘引≫でバウンスすれば難なく勝てます。≪ヴェネツィアの戦車≫、≪鷲獅子グリフィン≫、≪サリエルの光槍≫等があるので出来るだけ後列、そして縦に並べないようにしましょう。

 

 

マリガン

基本キープ

≪ゲンジの傀儡女≫、≪魔蝸牛 デーモンスネイル≫、≪僧兵 荒法師≫、≪怪異 フウリ≫、≪エルフの地術士≫

 

 

その他1、2、3マナと綺麗に動けそうであればキープ、先行で2、2+≪風魔手裏剣の投擲≫であればキープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対オリンポス

基本キープに加え後攻なら≪風魔手裏剣の投擲≫

対ルクソール

基本キープに加え2マナの動きがあるなら≪山岳神 コノハナサクヤ≫

対イズモ

基本キープに加え後攻であれば≪風魔手裏剣の投擲≫

対アスガルド

基本キープに加え後攻なら≪風魔手裏剣の投擲≫

対トリニティ

基本キープに加え2マナが見えてないのであれば≪商工ギルドの武器屋≫

-デッキ
-, ,

関連記事

Sランク 120位 JubileE コントロールルクソール

JubileE選手が使用してSランクで10連勝を達成したコントロールルクソールを紹介します。 コントロールルクソール デッキの特徴 砂フィールドを利用するタイプのルクソールコントロールで、ミラーマッチ …

Sランク 連勝 格安オリンポスアグロ

Sランク帯で連勝ができ、それでいてとても安く作れるオリンポスアグロデッキを紹介します。オリンポスアグロデッキの中でトップクラスに安いデッキです。1戦あたりの時間も短いため効率よくランク戦を駆け上がるこ …

Sランク 1位 こぞうくん ミッドレンジオリンポス

MTGプロでもあるこぞうくん選手がSランク1位に到達したミッドレンジオリンポスを紹介します。ミッドレンジアスガルド以外のデッキに圧倒的勝率を誇っているそうです。 ミッドレンジオリンポス デュエルエクス …

Sランク 10連勝 兄人 ミッドレンジトリニティ

Sランクにて兄人選手が10連勝を達成したミッドレンジトリニティを紹介します。今までのマナ加速を重ねて大型ミニオンを連打するランプトリニティとは違い、マナカーブに沿ってミニオンをプレイしていくミッドレン …

Sランク 現在60位~ ジン ミッドレンジオリンポス

ミッドレンジオリンポス デッキの特徴 速攻を持つユニットが多い為、除去をされ続けてもガーディアンに直接ダメージが与えやすい構成になってます。 《海侵神 アンピトリテ》、《海馬 ヒッポキャンパス》を採用 …

オリンポス
ルクソール
アスガルド
イズモ  
トリニティ

まだデータがありません。