デュエルエクスマキナONE、最強デッキ、徹底攻略。

コラム

【コラム】ルールを熟知する【最近始められた方向け】

投稿日:

はじめに

どんなゲームでもそうですが、こと対戦ゲームにおいて最も重要なのはルールを熟知するという事です。

正しい挙動が分からず、手なりでプレイしてしまって負けてしまったという経験はありませんか?

誰しも1度や2度あると思います。今回はそんなルールについてのお話です。

ルールを熟知する

デュエルエクスマキナは他のDTCGではあまり見られない2×3マスのフィールドで戦うカードゲームです。

まずは前列、後列でどのような差があるのかを熟知しましょう。こちらについては初心者向け記事の中にある【配置について】という項目で紹介しています。

次に、どんなユニットが存在するのか。どんなスペルが存在するのか。それらのユニットやスペルはどのような効果を持っているのか。知っていると知らないとでは天と地の差があります。

例えば、「速攻」を持つユニットだったり、AOEと呼ばれるスペルの種類を覚えたりというのは非常に重要な要素です。

目に見えない情報というのは、対戦ゲームにおいて極めて重要な要素であり、次のプレイをどうするか等に大きく関わってきます。

まずは実際に様々なカードを使ってみて、直に覚えていくというのがいいかもしれません。

様々なキーワード能力

デュエルエクスマキナでは様々なキーワード能力を持つユニットや、様々な状態にするスペルがあります。これらは正しく覚えておく事でゲームの優位に立てたりする事が多いので必ず覚えましょう。

速攻場に出たターンに攻撃できる

護衛横列を通る相手ユニットをブロックする

怨念破壊時、ランダムな相手ユニット1体のHPを1にする

威圧召喚時、同じ縦列の全相手ユニットを、ランダムな横1マスに移動させる

隠密相手のスペルやガーディアンパワーの対象にならない。ただし、範囲効果やランダム効果の影響は受ける

封印スキルやパラメータ変化を無効化する

氷漬け攻撃できない。相手ターンの終了時に、氷漬け状態ではなくなる

ドレインターゲットにダメージを与えて、与えたダメージ量と同じ数だけ自ガーディアンを回復する

禁忌の儀式1マス前に自ユニットがいる時、それを破壊する。その後、スキルを発動する

鉄壁【】このユニットが受けるダメージを【】の中の数値分軽減する

成長【】:自ターン開始時、ATKを【】の中の数値分プラスする

ダメージを与え合う自ユニットのATK分のダメージを相手ユニットに与え、相手ユニットのATK分のダメージを自ユニットが受ける

速攻を持つユニットについて

普通のユニットは場に出たターンは攻撃する事はできませんが、速攻を持つユニットは場に出たターンから攻撃できます。主に使用されている速攻を持つユニットを紹介します。主にオリンポス勢力のユニットとニュートラルのユニットがこの「速攻」というキーワード能力を持っています。

前のターンに壁としてユニットを並べておけば…なんて事はよくあるので、残りライフが減ってきたら惜しまず壁を用意するといいかもしれません。

全体除去スペルについて

主にルクソール勢力アスガルド勢力のスペルが代表的です。これらの勢力との対戦時にプレイされる事が多いスペルなので必ず覚えておきましょう。

狐憑きについては現状あまり採用されていませんが、重めのミッドレンジからコントロールで採用されている場合があります。

メタトロンの決闘場については少々特殊で、お互いに最もATKが高いユニットを1体ずつ残して他の全ユニットを破壊します。

水晶髑髏の光輝についてはまだあまり採用されていませんが、ニュートラルのスペルなのでどのデッキにも採用される可能性があります。

全体除去内臓ユニットについて

全体除去効果を持つユニットも数体存在しています。

大気神 アメン堕天使 ルシファーについてはかなり採用率が高いです。

天空神 ゼウスについてはミッドレンジからコントロールのオリンポスでそこそこ採用されているといった印象です。

万魔帝 テュポーンはあまり採用されていませんが、コントロールのオリンポスでごくごく稀に採用されている場合があります。

殲獣 ビヒモスについては草原トリニティで採用されています。

冥王神 ミクトランテクトリについては主にコントロールデッキで採用されている場合があります。

 

これらのユニットは全体除去効果を持っているユニットなので必ず覚えておきましょう。

パズルバトル

パズルバトルはいろいろな局面があり、その中でどうすれば勝てるのかを学べる非常にいいバトルです。

ランクマッチをやっていても全く同じ局面というのは中々ありませんが、パズルバトルと似たような局面になったりすることも稀にあります。

後から思い返してみて、上手くプレイしていれば勝っていたなんて事にならないよう、しっかりパズルバトルで練習しておきましょう。

命の水晶について

デュエルエクスマキナを始めた時に1枚もらえるカードで、アグロ寄りのミッドレンジ等によく採用されています。

水晶術師 ジアーで横列に出てくる命の水晶が後列にある状態で、全体除去スペルなどを打ったときの挙動について知っておくと、それだけで勝率が上がります。

命の水晶はタイプ:水晶でない前列の自ユニットのHPを+2するという効果を持っています。このHPを+2するという効果なんですが、最大HPを+2する効果なので、ダメージを与えるスペルと、HPをマイナスするスペルで挙動が変わってきます。

 

命の水晶が後列にあり、前列にHP4のユニットを召喚してターンを終了したとしましょう。ここで対戦相手が全ユニットに4ダメージを与えてきたとします。この場合、前のターンにあなたが召喚したHP4のユニットは4点ダメージを受けてHP2の状態で場に残ります。

もしこの時、対戦相手が全ユニットに4ダメージでなく、全ユニットのHPを-4してきた場合はどうでしょうか?あなたの場にはユニットがいなくなります。

この結果を見て分かるように、ダメージを与えるのとHPをマイナスする効果では挙動が異なります。

 

 

ダメージを受けている上でHPをマイナスされると、さらに挙動が変わります。

 

デュエルエクスマキナ公式wikiのルール・ガイドの項目の中にルール詳細という項があるのでそちらを確認してみてください。

このルール詳細については重要な内容ばかり記載されていますので、必ず全てに目を通して覚えましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

ルールを熟知するというのは極めて重要な事であり、知っているか知らないかで直接勝敗に関わってきます。

知らなくて負けてしまったなんて事がないように、デュエルエクスマキナのルールを熟知して強いプレイヤーを目指しましょう。

-コラム
-

関連記事

【コラム】生成するべきカード、分解するべきカード(エピック編)

はじめに 今回は生成するべきカード、分解するべきカードのエピック編について書きたいと思います。 前半で生成するべきカードを、後半で分解するべきカードをご紹介させて頂きます。 4月10日現在の様子で書い …

【コラム】ダメージレースについて (クイズの答えあり)

ダメージレースという言葉、聞いたことありますか? 聞いたことがない方、あまり聞きなれていない方、内容を熟知している方など様々だと思います。 今回はそんなダメージレースについて書きたいと思います。 ダメ …

【コラム】カードアドバンテージについて

アドバンテージという言葉、聞いたことありますか? 基本的には有利、優位性といった意味で使われる事が多い言葉です。 カードゲームで用いられる事が多いカードアドバンテージという言葉について、今回は触れてい …

【コラム】考え方について

・選択したテーマ 初心者攻略指南 ・Twitterアカウント名 @jin_dxm 本記事は「DXM記事投稿キャンペーン」のエントリー記事です。 はじめに 物事を考えるという事は、非常に大事な事である。 …

【デュエルアリーナについて その1】

はじめに 9月7日、ついにアリーナモードが実装されました。 他TCGでは闘技場などと呼ばれる事が多いこのモード、普段の構築とは一味違う、所謂限定戦フォーマットです。 第1回の今回は、デュエルアリーナに …

オリンポス
ルクソール
アスガルド
イズモ  
トリニティ