デュエルエクスマキナONE、最強デッキ、徹底攻略。

コラム

【コラム】生成するべきカード、分解するべきカード(エピック編)

投稿日:2017年4月10日 更新日:

はじめに

今回は生成するべきカード、分解するべきカードのエピック編について書きたいと思います。

前半で生成するべきカードを、後半で分解するべきカードをご紹介させて頂きます。

4月10日現在の様子で書いていきますので、今後随時変更される場合が御座います。ご了承ください。

こちらは初心者向けの記事というわけではなく、中級者の方も上級者の方も一度目を通していただければと思います。

少々長くなってしまうかと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

ニュートラル編

《外科医 ベリザリオ》

このカードは主にデバフ対策へのカウンターカードとして、最近採用される方が増えてきたように思います。

特に対ルクソールコントロールに対して真価を発揮します。他の自分のユニット全体のパワーが2上がるので、相手の大型ユニットと自分の小型ユニットで相打ちしたりしたい時にも使えます。フィニッシャーにもなります。

ストーリーの2章ラストで1枚入手できます。強力なカードなので、2枚目を生成してもいいと言えます。

オリンポス編

《海侵神 アンピトリテ》《英智神 アテナ》

この2枚はオリンポスデッキの序盤、中盤を支えるカードです。

現状のミッドレンジではどちらも2枚ずつ採用されているので、まだ持っていない方は生成するのをオススメします。

《英智神 アテナ》はストーリー上でも手に入りますので、ストーリーを進めて1枚、生成して1枚と合計2枚集めましょう。

ルクソール編

《セクメトの殺戮》

コントロールルクソールと言えばこのカードです。このゲームのAoEと言えばこれですね。

非常に分かりやすい全体除去です。現状2枚必須なので持っていない方は生成しましょう。アグロ、ミッドレンジ系のデッキ全般に強いカードです。

 

《ホルスの封臓》

ルクソールコントロールを使う上では、1枚はデッキに入れておくといいでしょう。

必須カードというわけではありませんが、対ミラーマッチで非常に強力なフィニッシュ手段(《レシェフの疫病》との2枚コンボ)となります。

その他にも相手の場を埋めたりできるので、ミラーマッチだけで強いというわけではありません。

現状2枚目は必要ないので1枚は生成してもいいでしょう。

 

《葬送神 アヌビス》

分かりやすく強力なカードです。自分のターン終了時に、空いている自分のマスに2/1のゾンビを出します。どこに出るかは分かりません。

このカードを放置しておくと、場がとんでもないことになります。アドバンテージの塊です。

どんなデッキ相手にもフィニッシャーとして機能しますので、是非2枚欲しいカードです。僕は勿論2枚採用しています。

 

《ファラオマスクの呪い》

対ルクソールコントロールで非常に強いフィニッシュ手段の1つとなります。

《ホルスの封臓》と《レシェフの疫病》のコンボを狙う前に下準備としてプレイしたり、デッキ切れになってからプレイしたりします。

アグロやミッドレンジ相手にも、場を固めてからプレイすることでライフを安全圏まで回復できたりします。2枚欲しいカードです。

アスガルド編

《グングニルの穿通》

ミッドレンジアスガルドやコントロールアスガルドを使う上でとても重要なカードです。

与えるダメージは2点と少ないAoEですが、全相手ユニットを氷漬けにするので、相手ターンで攻撃されたくない時などにも使えます。

最低1枚は欲しいカードです。

イズモ編

4月10日現在の環境では、特に生成に値するカードはありません。

 

トリニティ編

《聖告の大天使 ガブリエル》《聖護の大天使 ミカエル》

トリニティデッキの中盤を支える2枚です。どちらも効果が強力なので、その分スタッツは少し低めになっています。

《聖護の大天使 ミカエル》はストーリー上でも手に入ります。どちらも2枚欲しいカードです。

 

分解するべきカード

 

《神援鳥 パラダイスパロット》《錬金術師 ラシード》《スサノオの八雲》《アザゼルの生贄》《巨人像 コロッサス》《ディオニュソスの饗宴》《ブリシンガメンの慈愛》《ラジエルの英知》《舞踊神 アメノウズメ》《楯無の守護》《セトの流砂》《暁光神 ヘイムダル》

画像を開く

これらのカードは現状、分解して特に問題ありません。それ以外のエピックについては使われる可能性がありますので、持っておくといいかもしれません。

勿論、自分が絶対に使わないカードは分解して問題ありません。

最初にも言いましたが、4月10日現在の様子で書いていますので、今後評価がどうなるかはまだ分かりませんのでそれを踏まえた上で分解するといいでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか?今回はエピック編について書いてみました。

生成に500使ってしまうのでなかなか難しいかもしれませんが、それ相応の強力なカードになっています。

デッキの中核を担うカードが多いので、使いたいデッキで持っていないエピックがあれば、生成するのをオススメします。

それではまた!

-コラム
-,

関連記事

【デュエルアリーナについて その1】

はじめに 9月7日、ついにアリーナモードが実装されました。 他TCGでは闘技場などと呼ばれる事が多いこのモード、普段の構築とは一味違う、所謂限定戦フォーマットです。 第1回の今回は、デュエルアリーナに …

【コラム】ダメージレースについて (クイズの答えあり)

ダメージレースという言葉、聞いたことありますか? 聞いたことがない方、あまり聞きなれていない方、内容を熟知している方など様々だと思います。 今回はそんなダメージレースについて書きたいと思います。 ダメ …

【コラム】ルールを熟知する【最近始められた方向け】

はじめに どんなゲームでもそうですが、こと対戦ゲームにおいて最も重要なのはルールを熟知するという事です。 正しい挙動が分からず、手なりでプレイしてしまって負けてしまったという経験はありませんか? 誰し …

【コラム】カードアドバンテージについて

アドバンテージという言葉、聞いたことありますか? 基本的には有利、優位性といった意味で使われる事が多い言葉です。 カードゲームで用いられる事が多いカードアドバンテージという言葉について、今回は触れてい …

【コラム】考え方について

・選択したテーマ 初心者攻略指南 ・Twitterアカウント名 @jin_dxm 本記事は「DXM記事投稿キャンペーン」のエントリー記事です。 はじめに 物事を考えるという事は、非常に大事な事である。 …

オリンポス
ルクソール
アスガルド
イズモ  
トリニティ

まだデータがありません。